当院のインプラント

当院のインプラント

安心・安全で快適なインプラント治療
治療方法や機器など細部にいたるこだわりを

当院のインプラント

厳選したインプラントメーカーのものを使うなど、品質、安全性、保証で選ばれる治療を行なっています。CTやシミュレーションソフトを駆使して安全を心がけ、歯科麻酔医の鎮静法によるストレスフリーな治療です。また、当院ではインプラント専門歯科技工士と連携しているため、機能性・審美性に優れた治療のご提供が可能です。

「間違いなし」のインプラント選び

高橋デンタルオフィスが譲れない『3つのこだわり』でもあります。

高橋デンタルオフィスが譲れない『3つのこだわり』でもあります。

1、Quality(品質)

できあがったかぶせ物が自分の歯のように、見た目も噛み心地も調和し、治療した状態が長期的に安定していることが一番重要です。したがって、インプラントメーカーも厳選したものをご用意しました。

2、Safety(安全性)

インプラント治療は決して危険なものではありません。 コンピューターガイドシステムにより術前にシミュレーションしたポジションにインプラントを埋入することができます。また、歯科麻酔医による静脈内鎮静下でリラックスした状態で手術は行なわれ、ストレスを感じることなく、全身管理もいたします。

3、Guarantee(保証)

せっかくの治療だからこそ、安心してお使いいただくために長期間の保証制度を設けました。メンテナンスプログラムによるフォローアップもお任せください。

インプラントバリエーション

インプラント治療において重要なことは、インプラントが顎骨にしっかり固定されていることはもちろん、最終補綴物が見た目も機能面でもきれいに調和がとれていることです。患者様も我われ歯科医師も顎骨にインプラントを埋入することが目的ではなく、失われた歯を取り戻すことが一番の願いなのです。したがって、高橋デンタルオフィスではインプラントのメーカー選びにこだわりました。

なぜなら、審美と機能を両立するには譲れない2つの条件があるのです。

  • 1,ハイレベルな品質管理と豊富な科学的データ
  • 2,単独歯欠損から無歯顎患者様まで全てを網羅できるソリューション

当院のポイント

歯科用CTの導入

インプラント治療において最も大切なことは術前診断です。レントゲン写真は2次元であり、どうしても情報量に限界があります。
人間の体は立体の3次元であり、正確、精密に診査・診断するためには歯科用CTによる検査は必要不可欠なものと位置づけております。

高橋デンタルオフィスでは歯科用CTを導入し、さらにシミュレーションソフトによる術前計画をすべての方に行っております。
したがって、安全で正確なインプラント治療であることはいうまでもありません。
また、オペ直後の確認やメンテナンスにおいてもCT検査を行っており、安心してインプラント治療を受けていただける環境づくりに徹しています。

歯科用CTの導入
  • 歯科用CTの導入01
  • 歯科用CTの導入02
  • 歯科用CTの導入03
  • 歯科用CTの導入04

ストレスフリーなオペ

インプラント治療というと、まっ先に恐怖感を抱いてしまい、結局義歯で我慢をしてしまっている方は意外に多いのではないでしょうか。
何が怖いのかといえば、おそらくすべての方が“オペ”と答えることでしょう。“オペさえなければ”、あるいは、“知らないうちにオペが終わってしまえば”、それさえクリアーできれば入れ歯と縁が切れると願っている方にはとっておきの方法があるのです。
オペは避けられませんが、当院ではオペの際に歯科麻酔専門医による鎮静法を施しております。 その効果は、緊張状態を和らげ身体的、精神的にストレスフリーな状態で治療を終えることができることにつきます。

さらにオペ中はモニター装置にて血圧、脈拍数、心電図(すべて腕にて測定)などを管理しながら行いますので、より安全なオペが可能となるのです。
もう緊張しながら我慢する時代から、リラックスした状態で気づいたら終わっているという時代です。
安全で確実ですから自信をもってみなさんにお勧めできるのです。
何も恐れることはありません。 もっと気軽な気持ちでお考えください。

当院では日本歯科麻酔学会認定医の宮地建次先生に担当していただいております。

ストレスフリーなオペ

宮地建次先生

略歴

  • 平成11年8月 日本歯科麻酔学会認定医取得 第768号
  • 平成12年3月 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科麻酔学専攻)修了
  • 平成12年4月 東京大学医学部附属病院(麻酔科・痛みセンター)医科麻酔研修(翌5月まで)
  • 平成12年9月 博士(歯学)学位受領(東京歯科大学)
  • 平成13年6月 東鈴ビル歯科クリニック 勤務医(平成18年2月退職)
  • 平成18年3月 歯科診療室新宿NS 副院長
  • 平成23年6月 日本歯科麻酔学会専門医取得 第279号
  • 平成23年7月 東京歯科大学市川総合病院麻酔科 医科麻酔研修(翌年3月まで)
  • 平成24年11月 国家公務員共済組合連合会 立川病院麻酔科(非常勤,口腔外 科担当)
  • 平成25年4月 東京歯科大学歯科麻酔学講座 非常勤講師
    臨床歯科麻酔勉強会CDAC主催
宮地建次先生

インプラント専門歯科技工士との連携

歯科治療では、虫歯で削った部分や歯周病で歯を失った部分などを補う場合、詰め物、被せ物、入れ歯、ブリッジなどの技工物を使います。
歯科医師に指示に従い、それらの技工物の作製や修理を行なうのが歯科技工士です。作ったものが噛み心地や見た目の良さを左右するため、歯科技工士は重要な役割を担うことになります。

もちろん、インプラント治療で使う人工歯などを作るのも、歯科技工士です。
そのなかでも、インプラント治療についての専門的知識や、適切な作製技術を持つ技工士を『インプラント専門歯科技工士』といいます。
インプラント専門歯科技工士は、日本歯科口腔インプラント学会によって、インプラント治療における技工の知識や経験を持つ技工士に与えられる資格です。

当院では、インプラント治療を行なう過程で医師とインプラント専門歯科技工士が連携し、より機能性と審美性に優れた快適な使い心地のインプラントをご提供しています。

技工物を作るときは、歯科医師が患者様のご要望を反映できるよう計画を立てますが、歯の形・色、噛み合わせ、周りの歯・歯肉とのバランス、顔全体とのバランスなど、さまざまな情報が必要となります。
歯科医師とインプラント専門歯科技工士がきちんと連携できていないと、それらの詳細な情報がインプラント専門歯科技工士に正しく伝わりません。そうなると、患者様に合った技工物が作れず、噛み合わせや見た目、埋め込んだインプラント自体に問題が起きてしまう可能性があります。

歯科医師は、必要な情報をインプラント専門歯科技工士に正しく伝えるため、直接話すのはもちろん、書類や写真を使うなど工夫しています。また、患者様とインプラント専門歯科技工士が直接お会いすることもあります。

このように、インプラント専門歯科技工士が、歯科医師からの指示や要点を十分に把握したうえで技工物を作ることにより、当院では機能性・審美性に優れた使い心地の良いインプラントの技工物を作ることができるのです。

back_top