メンテナンス

アフターフォローとメンテナンスの大切さ

失ってしまった歯をインプラントで回復した場合、もう一度ご自分の歯で食事ができたときの楽しさを取り戻すことができます。

インプラントは材質的に100%虫歯になる心配はありません。
そういった点では天然の歯より安心できるかもしれません。しかし、歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも急速に進行してしまいます。
ですから、たとえインプラントといえど、手入れの仕方が悪ければ除去しなければならない可能性もあるわけです。
まさに両刃の剣といえ、その寿命は天然歯同様、ご自身に委ねられます。
また、インプラントは骨結合様式から噛み合わせのバランスをシビアにしておかなければなりません。さらに噛み合わせは日々変化し、天然歯のような自然な調整ができない分、天然の歯より大変かもしれません。

インプラントを長持ちさせるには

インプラントを長持ちさせるには

インプラント治療を受けた方は、日々のご自身によるセルフプラークコントロールと、私どもで行なうプロフェッショナルケアに加え、噛み合わせのバランスチェックと調整を定期的に受けていただかなくてはなりません。 それがインプラント治療を長持ちさせる秘訣です。

個人差もありますが、目安として3~6ヵ月に1回のペースが一般的なメンテナンスの間隔です。
ひとりで抱え込まずに、私どもにご相談ください。

治療後、放っておくと

インプラント治療が終わった後は、インプラントの状態と口の健康を保つため、自分の歯のとき以上に、歯磨きなどの日常的なケアをしっかり行なうことが求められます。
それと同時に、歯科医院で定期的にメンテナンスを受けることが大切です。

歯科医院でのメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎(インプラントの周りの組織に炎症が起こる病気)になる可能性があります。発症すると、せっかく埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

そのほかにも、以下のような問題が起こることがあります。

  • 歯肉の腫れ、出血
  • 噛み合わせの不具合
  • 顎の骨の吸収
  • 人工歯の緩み、破損
  • インプラントの抜け落ち、破損

このような事態を避け、インプラントを良好な状態のまま長く使い、口の健康を保つためには、多い方で1~2ヵ月に一度、少ない方でも半年に一度は通院する必要があります。
メンテナンスを受ける頻度はその方の口の状態によって異なるので、歯科医師の指示に従い、きちんと通院しましょう。

歯科医院でのメンテナンスでは、主に以下のようなことを行ないます。

  • 歯や歯肉のチェック 歯、歯肉、粘膜などに炎症がないか確認します。
  • 噛み合わせのチェック 歯全体の噛み合わせを確認し、不具合があるときは人工歯を削って調整します。
  • 骨の状態のチェック レントゲン写真を撮り、顎の骨やインプラントの周りの骨の状態などを確認します。
  • 人工歯、インプラントのチェック 人工歯に破損や緩みがないかを確認します。
    インプラントに破損がないか、人工歯を外して確認することもあります。
  • 歯のクリーニング 専用の器具で歯垢、歯石、着色などを落とし、インプラント周囲炎を予防します。
  • 歯磨き指導、食生活指導 歯の磨き方や食生活に問題がある場合、歯科医師や歯科衛生士が改善方法をアドバイスします。
back_top