インプラントの注意点

インプラント治療の注意点

インプラント治療の注意点

ではインプラント治療にあたって注意すべき点はないのでしょうか?
なぜ歯を抜かなければならないかというと、その原因の第一位は歯周病です。虫歯同様、歯周病も細菌感染症で、歯を支えている歯ぐきや骨の怖い病気です。

家の柱がシロアリに食われ、地盤沈下まで起きてしまった状態とまったく同じといえるでしょう。

では歯を1本失った状況を柱が1本シロアリに食われてしまった状況に例えてお考えください。はたして他の柱は大丈夫でしょうか?被害を最小限におさえることができれば、1本を新しいものに変えリフォームで済むかもしれません。しかし最悪の場合はリフォームではなく新築しなければならないかもしれません。
いずれにしてもだめになった柱だけではなく家をしっかり支えるための基礎が必要です。残った柱が完全な状態ではないのに新しい柱をたしても何の意味もありません。

歯の治療においても考え方は同じです。
インプラント治療は単純な穴埋め作業というわけにはいきません。
もとをただせば歯周病で歯を抜く羽目になったのです。本質的な歯周病を治さずしてインプラント治療などはたして意味があるでしょうか?
インプラント治療は我われ歯科医師にとってもハードルの高い治療法です。歯周病治療、外科手術、精密なかぶせ物の製作、噛み合わせのバランスチェックと調整、メンテナンスと、いわば技術を集大成しなければならないほどの治療法なのです。
ですから、歯周病の治療に力を入れている病院でのインプラント治療でなければ、その他の技術すら保証できるレベルでないことはいうまでもありません。
しっかりした病院でのインプラント治療は成功率95パーセントを誇り、決して危険な治療ではなく、安心していただける治療法なのです。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療は、しっかり噛めて自然な見た目の歯を手に入れられる、メリットの多い治療です。
しかし、治療期間が長く、治療費が高額であるなどのデメリットもあります。
治療を受ける前に、メリット・デメリットのどちらもしっかりと把握して、納得したうえで治療を受けることが大切です。

インプラント治療のメリット

  • 機能性に優れている 自分の歯のようにしっかりと力を入れて噛むことができ、食事をおいしく味わえます。
    また、歯がずれたり外れたりしないので、発音しやすくなります。
  • 審美性に優れている 自然な色調の人工歯を取り付けるので、自分の歯のような見た目に仕上がります。
  • 残りの歯を傷つけない 残りの歯を削らないので、健康な歯を削らずにすみます。

インプラント治療のデメリット

  • 外科手術が必要になる 顎の骨にインプラントを埋め込むための外科手術が必要となるので、患者様への負担が大きくなります。
  • 治療期間が長くなる 顎の骨とインプラントが結合するまで待つので、治療期間が2~6ヵ月かかります。
  • 治療費が高額になる 保険が適用されない自費診療なので、1本あたりの治療費が30~45万円ほどかかります。
  • 顎の骨がしっかりと残っている必要がある 顎の骨に、インプラントを埋め込めるだけの高さと厚みが必要です。
    骨が足りない場合は、骨造成(骨の足りない部分に骨を増やす手術)や骨移植(骨の足りない部分に自分の骨や人工の骨を移植する手術)を行なう必要があります。
  • 日常的なケア、歯科医院でのメンテナンスが必要になる 自分の歯のとき以上に、歯磨きなどの日常的なケアをしっかり行ない、歯科医院で定期的にメンテナンスを受ける必要があります。
  • 喫煙すると治療の成功率が下がる ニコチンにより、免疫力の低下や血流の悪化を招き、インプラント周囲炎を発症しやすくなります。
back_top